講談社ラノベ文庫

ラノベブックス 公式サイトはこちら

新シリーズページ

既刊検索

ウィークエンドドラゴン 著:星見 圭 イラスト:兎塚エイジ

あらすじ

高校生の廣瀬一也は、いつものように一人で昼休みをすごしていたところ、近くに謎の黒い球体が浮かんでいることに気がつく。不審に思い近寄って触れた瞬間、一也は見知らぬ場所に立っていた。そしてそこに現れたのは  巨大なドラゴンだった! しかもそのドラゴンは記憶をなくしているらしい。驚きながらもドラゴンをおそれず会話する一也を気に入ったドラゴン。黒い球体も、そのドラゴンの力によって生み出されたもので、自由に行き来できるらしい。孤独なドラゴンに共感した一也は、授業のない週末に話し相手をすることになるが、早速事件が起きて  ? 第3回講談社ラノベ文庫新人賞<優秀賞>受賞作、週末は異世界で大冒険!?

キャラクター紹介
  • 廣瀬一也(ひろせかずや)

    クラスになじめていない高校生。突如現れた黒い球体に飲み込まれ、異世界へと飛ばされてしまい、ドラゴンと出会う。

  • ドラゴン

    一也と出会ったドラゴン。高い知性を持っているが、記憶を失っている。一也と出会い、話し相手ができたと喜ぶ。

  • ニル

    暴漢に襲われていた少女。一也とドラゴンによって助け出される。何やら事情がありそうだが  

試し読み

レヴナントガーデン―愚者たちの踊る世界― 著:日富美信吾 イラスト:エイチ

あらすじ

〈想刻器 (レヴナント)〉と呼ばれる、死者の怨念が宿ったモノが引き起こす事件が多発する世界  曰(いわ)く、それは壁の中から現れる。曰く、それは空を飛ぶ。曰く、それは炎でさえも生み出す  。荒唐無稽すぎて、現実味のない話だが、それは実在する。そして  それらを回収・封印する特務機関〈想刻器対策局〉があることを、人々は知らない。
その回収課に所属する少年、史賀雪眞(しがせつま)。彼は〈想刻器〉に対し、並々ならぬ激しい憎しみを抱いていた。大切な家族を奪われた過去がゆえ、本来の役目である「回収」ではなく、「破壊」することを目論むほどに。それは暴走となり、行動をともにするチームメイトたちの頭を日々悩ませていた。
やがて、ある事件の中で一人の少女、祈璃(いのり)を救う。
「俺が……護った? 笑顔を?」
「助けてくれて、ありがとうございました……!」
眩しい笑顔の彼女との出会いにより、思いも寄らなかったことに気づかされる雪眞。その出会いは、少年の心の闇に差し込む光となるのか  !?

キーワード
〈想刻器(レヴナント)〉
死者の怨念が宿ったモノ。生きた人間に取り憑き、操り、現実には起こり得ない「あり得ない力」を発揮する。決まったカタチはなく、生前身近にあったものが〈想刻器〉になることが多い。その存在は〈想刻器対策局〉により秘匿され、一般人には知られていない。警察内部では〈第零号案件(ゼロゴウ)〉の通称とともに知られているが、実際に遭遇する警察関係者は少なく、都市伝説の類いだとも思われている。
〈想刻器(レヴナント)対策局〉
〈想刻器〉の絡む事件を主に扱う、特務機関。〈想刻器〉を回収及び封印するべく、秘密裏に行動している。〈想刻器〉の力に対抗する装備がされた、特殊な制服を身に纏っている。回収課、封印課など、それぞれ部署があり、全国に支部を展開している。警察やその他機関とのつながりも強い。雪眞(せつま)たちが所属するのは、第十三支部回収課。回収課は基本、4人チームで行動するが、雪眞たちのチームはなぜか3人である。
キャラクター紹介
  • 史賀雪眞(しがせつま)

    16歳。〈想刻器(レヴナント)〉に家族を奪われた過去を持つ。前髪にある一房の白髪は、その事件のショックによるもの。その瞳は鋭く、攻撃的。

  • 阿木田祈璃(あきたいのり)

    16歳。ある日、買い物に行った先で事件に巻き込まれ、雪眞に助けられた少女。身寄りがなく、教会でたくさんの家族たちと暮らしている。暗い過去を持っているが、とても明るくて前向き。少し天然。

  • 伊那木未緋(いなきみあか)

    16歳。雪眞のチームメイトで、チームリーダー。葵子に弄られつつ、雪眞の独断専行に悩ませられながら、日々苦労している。長身かつスレンダーで、少年っぽい見た目ではあるが、しっかりと少女である。ツンデレ。

  • 呉羽葵子(くれはあおいこ)

    18歳。雪眞のチームメイト。雪眞を「せっちゃん」、未緋を「みーちゃん」と呼ぶ、チームのまとめ役。見た目や口調はふわふわほわほわしたイメージだが、口が達者で、未緋を弄るのが大好き。ちょっとSっ娘。

試し読み
壁紙ダウンロード
PAGE TOP
Copyright © 2008-2017 Kodansha Ltd. All Rights Reserved.